2018年5月31日放送のテレビ東京「主治医が見つかる診療所」で「腸内環境をよくする方法」

日本薬科大学学長の丁宗鐵先生

腸にいい善玉菌は組み合わせも大事

ヨーグルトの乳酸菌の他に、酵母菌、納豆菌、麹など複数の善玉菌を摂ると効果が高いとのこと。
善玉菌は比較的弱い菌なので、複数が腸に来ると、善玉菌が互いに助け合って腸内の定着率が良くなるそうです。

朝食で、納豆とヨーグルト
おやつに、甘酒とヨーグルト
善玉菌のはたらきをアップできる。

中山医師 大蔵クリニック院長で内科・リウマチ科の中山久德先生

オリゴ糖をちょい足し善玉菌を増やす

菌は生き物なのでエサが必要。
ビフィズス菌のエサになるのはオリゴ糖。
一緒に食べると善玉菌を増やす効果が期待できるそうです。

・腸内環境を改善するのにオススメは?
A:甘いもの
B:辛いもの

「辛いもの」
辛いもの「スパイス」
腸が活発に動くようになる。カレー、ショウガ、七味唐辛子、スパイス類が、腸にとって非常にいい。
辛過ぎのものは良くない。スパイスもバランスが大事。

南雲医師

キノコと辛味がいい。
中国の火鍋が、キノコの中のβグルカンという食物繊維と唐辛子の中のカプサイシンの両方がマッチして、とても腸の中の動きが良くなる。

甘いもの「糖質」

糖質は吸収されやすい。腸が活発に消化吸収する必要がなくなってしまう。自然に腸内環境が悪くなる。

・腸内環境が良いときに出るのは?
A:浮くウンチ
B:沈むウンチ

答えは 「浮くウンチ」

ウンチは体内の便りの一つ。
食物繊維が多いと空気が入るので、多ければ多いほど浮いてくる。

肉を1にして野菜3。1:3の割合で摂ればいい。