2018年5月31日放送のテレビ東京「主治医が見つかる診療所」で「腸内環境をよくする方法」

腸専門の食育学校 CHO-JIN普及委員会 代表
管理栄養士 加勢田 千尋

腸内環境を良くする食事法「腸活」の料理教室で、腸内環境を改善する食材の選び方や調理法・食事法を教えている方です。

参加者の方は以下の感想やコメントを寄せられていました。

50代 女性
肌が良くなった。肌のツヤが違う。白くなったと思う。去年の夏から一回もカゼを引いてない。
すごく調子がいいので、カゼを引く気がしない

20代 女性
前の写真を見ると、肌が明るくなった。

50代女性
お腹の調子が良くなって、お肌の方も吹き出物が一切出なくなった・
7キロのダイエットに成功して、ウエストが-10cm。

・なるべく料理に手間を掛けない「ズボラ腸活」

・もむだけでOK!腸にいい絶品漬物

『三五八漬け』

福島県、山形県、秋田県などに古くから伝わる発酵食品

『三五八漬け』レシピ

三五八漬けのもと
塩3・米麹5・米8の割合で合わせたもの。

三五八漬けのもとに、野菜を漬け込んで作る漬物。

麹菌などの働きで、腸内環境を改善してくれる効果が期待できます。
漬けるというよりも、入れてもみ込むだけ。

材料
三五八のもと
食材

作り方
①保存用袋に、食材と三五八のもとを入れて揉み込みます。
②冷蔵庫に一晩おけば完成

イチオシの三五八漬け
アボカドの漬け物がオススメ
30分~1時間程度でできるのでカンタン
善玉菌のエサになる食物繊維が豊富で、三五八漬けとも相性抜群です。

魚や肉を漬けると麹のパワーで柔らかくなり、旨味が出てくる。
4~5時間漬けるだけで大丈夫。

『寒天入り雑穀米』

米1合に粉寒天1gを入れて炊くだけ

レシピ
食物繊維が豊富な雑穀米・粉寒天で、腸内環境を整える効果が期待できます。

材料
雑穀米 1合
粉寒天 1g

作り方

①炊飯器に、雑穀米・粉寒天を入れて炊くだけで完成

『味噌玉』
帰宅後1分でできる、スピード味噌汁

レシピ味噌玉は、お湯を注ぐだけで味噌汁が完成し、麹菌で腸内環境を改善してくれます。

乾燥エノキには「食物繊維」のほか「ビタミンD」も豊富に含まれているため、骨粗しょう症の予防効果も期待できます。
材料
味噌
おかか
昆布
乾燥ワカメ
乾燥エノキ
乾燥エノキは水分が飛んでいるので、食物繊維をしっかりとれる。日に当てることでビタミンDが増えている。
食物繊維のほかビタミンDも豊富。骨粗しょう症の予防効果が期待できる。

味噌玉作り方
1.ボウルに味噌を入れて、ダシ代わりになるおかか・昆布の粉末を適量加えて、混ぜ合わせます。
2.乾燥ワカメ・切って干しただけの乾燥エノキをボウルに加えて混ぜる
3.ラップで包めば完成。

冷蔵庫で2週間程度は保存できる

『エゴマ油』

エゴマ油にはオメガ3という油成分が含まれていて、善玉菌のエサになります。
善玉菌の数を増やす効果があると言われています。

エゴマ油のちょい足し法

小さじ1杯のエゴマ油をおかずや味噌汁などにちょい足しするだけ。
善玉菌をズボラに増やします