お酒を飲むと便秘が解消

私が体験したことでは、お酒を飲むと便秘が解消されやすいです。私の排便の習慣は、どちらかというと不規則です。そのため、便秘の状態になることは多いです。しかし、お酒を飲む日が続くと、便秘の状態が無くなることが多いのです。

この仕組みというか、原因は何であるか考えたことがありますが、どうもお酒に含まれるアルコールは、腸を刺激する効果があるようです。そして、昔から水分を多くとると、便秘が解消されるという話があります。お酒の大部分は水分で出来ています。

そして、お酒は水分に加えてアルコールも含まれています。そのため、水分とアルコールが一緒に腸を刺激することになるのです。そうなると、便秘が解消される可能性は高くなります。そうしたことを考えると、お酒は便秘解消に有効かもしれません。

ここまで言ったことは、お酒は便秘解消に良いことばかりな内容ですが、注意点があります。それは、お酒を飲むことで、下痢になることに悩んでいる人もいるのです。お酒を飲むと、便秘の解消というより、下痢になりやすくなる人も多いのです。

アルコールが腸を刺激すると話しましたが、これは言い換えると、アルコールが胃腸に負担をかけるとも言えるのです。そのため、お酒を飲むと便秘解消のほかに、胃腸の調子が悪くなることも考えられます。お酒を飲んで便秘を解消させたい人は、胃腸への負担を考慮した方がいいでしょう。

また、世の中にはお酒が飲めない体質の人が大勢います。人によって、お酒が体に与える影響は、かなり個人差があるようです。こうしたことを考えながら、お酒による便秘解消について実践した方がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA